High Level Course

難関大受験コース

\オンラインで受講可能!/
当塾に直接通うことが難しい遠方の方も大歓迎!

双青会とのタイアップ

双青会とは…現役の東大と京大の学生が協力し、時には競争して次の世代に学問の場で知識をつなげていく場を作ろうと考えて設立した団体です。

今回のコースを監修する講師陣の考え

※本気で難関大学に合格したい人だけ読んでください

勉学は大学受験のためにあるわけではありません。しかし、皆さんが学びたいことを学ぶのに大学という環境は相応のレベルを高校生に求めてきます。

ですから、大学に進学したいと考える以上は最低限そのレベルをクリアする必要があります。そして、大学受験を通して学ぶ科目は全て大学での学びの基礎となります。無駄なことなどありません。だからこそ高校生でしっかりと学ぶことが重要なのです。

また、大学に入ると勉強は自学の側面が強くなります。高校生の間に受け身で学んでいるだけではドロップアウトしかねません。大学に入りまだほんの数ヶ月の頃、既に数学や外国語などかなりの論理力や思考力、理解力を要求する科目において沢山の人が躓いているのを目の前にしています。

基本的に私たちの指導では勉強内容を教えるに加え、発展内容や勉強方法、更には自学のあり方、学習課題の見つけ方と解決プロセスまで伝えるつもりです。最初は一緒に学習計画を立てるところから始め、最終的には自身での主体的な勉強までへの成長を見込んでいます。

これは生徒の学年に関わりません。課題を自分で見つけ、その解決能力を思索し実行する能力は大学進学後、一生において必ず役に立ちます。私達はこれまで中高生の期間を通して、沢山の友達に勉強を教えてきました。学習のスタイルや内容は様々でしたが、それも含め他の大学生には無いほどの経験と知見を持っていることを自負しています。この強みを最大限に生かして指導します。

ここで難関大学受験コースにおける最終的な目標を書いておきます。先ほど自身による課題設定とその解決という内容を記しましたが、それは私の皆さんに対する最低限の目標です。私達は最終的な目標として、皆さんが自身でやりたいことを見つけそれに傾倒できるようにする、というものを考えています。

今の学生は勉強に追われています。それゆえに周りを見ると勉強ができることこそを至上命題とする高校生も多いように感じます。ですがその感情はいつか行き場をなくす可能性が高いです。

なぜならその考えは自分の思考のように思えながらも、実は多分に他者の考えの影響を受けているからです。

ではどうすれば良いか。まず、目先の勉強に対して余裕が持てるようになると視野が広がります。ゆえに新しい分野に手を出しやすくなります。書を手に取るも良し、沢山の多様な経験を積むのも良しです。それが新たな学びにつながります。

皆さんには勉強で遊びつつ、その更の一歩先まで見据えた視野をぜひ持って欲しいと思っています。

最後になりますが、私達はやる気のある生徒にはとことん付き合います。遠慮は要りませんし、こちらも妥協はしません。そして受験勉強にとどまらず、あらゆることに能動的に取り組めるよう全力で手伝いします。

難関大学に関しては京都大学に加え、東京大学・一橋大学・大阪大学は過去問を最低15か年ずつ研究しています。これらの大学を志望する生徒も遠慮なくご連絡ください。

そして上記の大学に限らず早慶大やG M A R C H、関関同立などあらゆる大学の指導に対応します。もちろん、大学受験を見据えた高1・高2生も大歓迎です。最終的なゴールは第一志望大学の「上位」合格を想定しています。

無料体験・無料相談はコチラ